1. コンテンツ輸出事業

1. コンテンツの輸出事業

1. 日本のアニメ・コンテンツの販売ルートの新規開拓

 メキシコに常時駐在員がいるため、予算、作風など現地のニーズに合わせた営業活動を能動的に行うことが可能

【従来の流れ】 日本 ➡ アメリカ経由 ➡ 中南米へ

【従来の流れ】
日本 ➡ アメリカ経由 ➡ 中南米へ

【Tokyo Divertidoの流れ】 日本 ➡ Tokyo Divertido ➡ 中南米へ

【Tokyo Divertidoの流れ】
日本 ➡ Tokyo Divertido ➡ 中南米へ

日本のアニメ・コンテンツを現地のコネクションで契約・販売を行います。

2. 日本のアニメ・コンテンツの販売拡大

 従来日本で眠っていたコンテンツ(古くて日本でも二次利用されていない)の販売が可能

【日本では売れ残りでも、メキシコではクールコンテンツ】

日本では、売れなかったり、ブームが過ぎてしまって在庫がたくさんあります。

Tokyo Divertidoでは、メキシコの駐在員を通して日本で眠っているコンテンツの再利用を図っていきます。