スペイン語の重要性について

スペイン語の魅力について

スペイン語を学ぶべき3つの理由を纏めてみました。

REASON1

5億人以上の人とコミュニケーションが取れる!

スペイン語は中国語に続いて世界で2番目に多く話されています。国際コミュニケーションにおいても世界で2番目に多く用いられる言語です。

スペイン語が公用語となっている21カ国への旅、コミュニケーションが快適になります(中南米では英語を話す人口は極端に低い)

2050年7月1日までに、アメリカの人口の30%(1億3280万人)がヒスパニック系になると予測されています。

スペイン語が主言語の国々

REASON2

ビジネスチャンスが拡がる・就職に有利!

中南米各国の経済は近年著しく成長しており最たる国はメキシコ、日系企業の中南米進出数は増加の一途を辿っています。依って、スペイン語ができることにより、大手日系企業に就職できる可能性は高まる一方です。

また将来アメリカの人口増加の60%以上をヒスパニック系が占めると言われています。これによりラジオ、テレビ、新聞、雑誌などメディアにおけるスペイン語の需要が本来英語圏であるアメリカでも増えおり、中南米でのビジネスのみならずアメリカでビジネスする上でもスペイン語は重要なツールとなります。

アメリカでのスペイン語人口
メキシコの人口推移

REASON3

日本人が最も習得しやすい言語である!

スペイン語は、日本人にとって学びやすい言語の1つです。

理由としては以下の点が挙げられます。

a. 母音の数が5つで、日本語と同じ。

b. 母音で終わる単語が多い。

c. ローマ字読みで概ね大丈夫。

日本人が英語の発音に苦しむのと同様に、英語圏の人々は日本人の”ローマ字発音”に慣れず、苦しみますが日本人にとってスペイン語の発音は非常に馴染みやすく、習得に要する労力は他言語と比べ、低いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です